BLOG

美容専門学校で学ぶこと

美容専門学校で学ぶ必須科目

将来、美容業界で働くことを目標に中学校や高校を卒業したら美容専門学校に進むことを考えている人もいることと思います。美容専門学校では、実際にどのような授業がおこなわれているのでしょうか?

美容専門学校では、2000時間の授業時間のうち1400時間以上は厚生労働省の規定で決められている科目を決められた時間履修することが定められています。美容師国家試験では学科試験と実技試験があり、その両試験に合格することで美容師免許が取得できますが、美容専門学校でも大きく分けて学科の授業と実技の授業があります。

国家試験に関係する学科の授業

国家試験に関係する学科の授業には「関係法規」、「衛生管理」、「香粧品化学」、「運営管理」、「保健」、「文化論」、「美容技術理論」があります。「関係法規」では、理容美容における法令や制度、国家資格者となるため、その社会的な責任などについて学びます。

「衛生管理」では、病気などの感染症や公衆衛生、消毒方法を学びます。
「香粧品化学」では、美容用具の物理的な視点や実際にお客様に薬剤を使う為、正しい薬剤や用具の使用方法を学びます。
「運営管理」では、美容室などを運営していく上での消費者への対応や管理方法などを学びます。「保健」では、皮膚や毛髪、人体のしくみや機能などについて生物化学の視点で学びます。
「文化論」では、美容業界やヘアースタイルの歴史について学びます。
「美容技術理論」では、美容用具・器具の種類や使用目的を理解し、実務に沿った知識を学びます。

国家試験に関係する実技の授業

国家試験に関係する実技授業では、髪の毛を切り整えて容姿を美しく見せる技術「カッティング」、髪の毛にパーマネントウェーブを施し、容姿を美しく見せる技術「ワインディング」、ローラーカールやウェーブローションなどを使用し、バランスの良いヘアースタイルを作る技術「セッティング」を学びます。

美容専門学校の選択科目

「デッサン」、「フォト」、「カラーコーディネイト」、「マナー」など即戦力となる知識を学ぶことができる

美容専門学校では、美容師国家試験に関係する授業が多くなりますが、それ以外にも色々な授業があります。

各学校の特色が出るところでもありますが、美容業界に出た時に知っておいた方が良い即戦力となる知識について、学ぶことが出来る授業があります。

その代表的なものとして「デッサン」、「フォト」、「カラーコーディネイト」、「マナー」などがあります。

「デッサン」は一見美容業界と関係がないように感じますが、お客様の求める髪形を口で説明するよりデッサンして伝えたほうが伝わりやすくなります。新しいヘアースタイルを考える時にもデッサンをするので、身につけておいて間違いありません。

「フォト」は、ブライダルコーディネーターやテレビ局、ヘアメイク事務所など、選択肢の多い美容業界において撮影時の知識となります。「カラーコーディネイト」は、ヘアカラーリングやネイル、メイクといった色と大変関係が深い技術を行う際に、その知識が大いに役立ちます。

「マナー」では、お客様に対する言葉遣いはもちろん、社会に出て先輩や店長など、関わる人への適切な言葉遣いや対応が必要となってきますので、マナーに対する授業に力を入れている学校は多いです。

その他、英会話やパソコンを使った授業など、多種多様な美容業界に対応するべく、美容専門学校では多くのことが学べます。

美容業界で働く為に必要な基礎技術を身につける授業

美容師国家試験に関係する授業だけでなく時代のニーズに合わせた技法を学ぶ

美容専門学校は、技術を身につけることがメインになってきますので実技の授業時間数は多いです。 中でも美容師国家試験に関係する授業が特に多いのですが、それ以外に美容業界で働く為に必要な基礎技術を身につける授業も数多くあります。

「カット」や「パーマ」は、国家試験の課題だけでなく、デザインカットやデザインパーマといった今の時代のニーズに合わせた技法も学びます。

「カラーリング」は薬剤の種類も多く、技法も様々です。その全てを学ぶのは難しいのですが、薬剤の調合や色の出方、基礎技術において学ぶことができます。

「メイク」では、ベースメイクやナチュラルメイクで基礎的技術を学び、撮影用メイクやステージメイクなどの応用編技術を学べる学校もあります。

「セット」も、国家試験課題の技術だけでなく、アップスタイルやヘアアイロンを使用するなどのヘアアレンジ技術を学ぶことができます。

エクステやコーンロウで編み込みのテクニックを身につけます。

その他、美容学校卒業後に美容室へ就職する人には即戦力となる技術、「シャンプー」や「ヘッドスパ」もあります。「シャンプー」や「ヘッドスパ」は、大半の美容室が就職してはじめにお客様に施術することになる技術です。

近年、ヘッドスパをおこなう美容室が急増している為、美容専門学校においても授業に取り入れているところが多くなっているようです。
直接お客様に触れる技術になるので、力加減やマッサージのポイントなどを身につけ、不快な気持ちにさせないようきちんとした技術や知識を身につけることが大切になります。

「ブライダル」ではブライダルヘアメイクはもちろんウエディングドレスやプランナーまで、ブライダルをトータルで学ぶこともできます。

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+
Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email