BLOG

毎年盛り上がるエビスの学園祭

先日学園祭を開催しました!
エビスビューティカレッジの学園祭では毎年、模擬店やミニサロン、ネイルサロン、エステサロン、ヘアショーやブライダルコンテストなど
様々なイベントが盛りだくさんです。

展示コーナーでは校内、校外で行われたコンテストをはじめ、さまざまな学生の作品が展示されていました。
模擬店では焼きそばやホットドッグ、チュロスにタピオカミルクティーなどさまざまなメニューを提供し大好評でした。

ミニサロンやネイルサロン、エステサロンでも普段学んできた技術を使ってお客様に施術をしました。
学園祭では在校生の保護者や友人などが参加をします。また高校生も多く参加をしてくれました。

専門学校のイベントは盛りだくさんなので入学予定の方、入学をご検討の方今後のイベントをお楽しみに!

kawaii選手権に参加しました。

9月に行われたKawaii選手権の決勝大会が国立オリンピック記念青少年総合センターにて行われました。
先日のオープンキャンパスではその時の校内予選の再現を行いました。
参加した高校生からも在校生のヘアメイクを見て来年入学したら絶対に自分も出てみたい!という高校生もいました。


ステージ上で9月に行われた決勝大会ではそれぞれ2つの分野「歴史上の美女」と「日本かわいい」に参加した学生のインタビューを行い、作品のコンセプトや大会に参加した感想などをお話しいただきました。それぞれの分野で敢闘賞を獲得しました。

ステージに参加したそれぞれの「歴史上の美女」と「日本かわいい」

OCEAN TOKYO 卒業生 鎌形 諒さん来校

2018年8月6日に行われたオープンキャンパスでは男子に大人気のサロン OCEAN TOKYOでスタイリストとして大活躍をしている卒業生の
鎌形 諒さんに来校して頂きヘアショーとトークショーを行いました。
モデルは在校正の竹田くんが担当しました。
ショーの中ではカットの技術をライブで見せてくれました。参加した高校生や在校生も鎌形さんのカットを真剣に見入っていました。

ホームページをリニューアルしました!

みなさんこんにちは!

専門学校エビスビューティカレッジホームページがリニューアルされました。
今後もいろいろな情報を発信していきますので宜しくお願いします。

 

美容専門学校で学ぶこと

美容専門学校で学ぶ必須科目

将来、美容業界で働くことを目標に中学校や高校を卒業したら美容専門学校に進むことを考えている人もいることと思います。美容専門学校では、実際にどのような授業がおこなわれているのでしょうか?

美容専門学校では、2000時間の授業時間のうち1400時間以上は厚生労働省の規定で決められている科目を決められた時間履修することが定められています。美容師国家試験では学科試験と実技試験があり、その両試験に合格することで美容師免許が取得できますが、美容専門学校でも大きく分けて学科の授業と実技の授業があります。

美容専門学校に入るためには

美容専門学校の入学試験はAO入試、推薦入試、一般入試の3種類

美容専門学校に入るためには、どのような試験があるのでしょうか。
入学試験の種類には、大きく分けて3つの種類があります。AO入試、推薦入試、一般入試の3種類です。

AO入試

AO入試は、学力試験の水準で入学の可否を問うのではなく、その人の個性や美容業界でプロとして活躍したいという意欲や目的意識などを積極的に評価する入試制度です。

その美容専門学校が求める学生像に合っているかどうか、という人物を重視した選考方法です。
美容師は技術はもちろん、お客様とのコミュニケーションが非常に重要な職業です。ですのでやる気がある方や美容に対する熱意を評価してほしい方にはあっている入試方法と言えます。

美容専門学校における小論文とは

美容専門学校の試験に出題される小論文

美容専門学校の試験には小論文が含まれます。
学科の試験は基本的な問題であり、難しい問題というより今後の生活で困らない程度の知識があるかどうかを問う問題が多いです。

美容専門学校では大学の推薦入試のような小論文の問題は出しません。
どちらかというと作文に近いです。今後の専門学校での生活での抱負であったり、将来の夢であったり、そのようなものを書いてもらうことが多いです。

美容専門学校の面接に臨む際の化粧は?

美容師は接客業。面接では言葉使いや、表情、身だしなみに配慮できるかが大切に

美容専門学校に入学するにあたり面接をする場合、いったいどのようなことを面接官は知りたいのでしょうか。

そのためにはまず、美容師として就職する場合に求められる素養を身につけることができる人材であるかということが重要になります。
美容師としての素養とはいったいどのようなことなのでしょうか。

美容師という仕事は、お客様と一対一で接する、サービス業、接客業です。
お客様と一対一で密接に接する美容師であるからこそ、その言葉使いや、表情、身だしなみ等が厳しく求められる傾向があります。

ですから、これらに配慮ができる人材である必要があります。そこで美容専門学校でも、同様にそういた素養を身につけられる人材であるかという点が重要となりますので、面接官もそういった点を知りたいと考える傾向にあります。