BLOG

ジェルネイルとは

ネイルの中でも近年ジェルネイルという言葉をよく聞きます。
爪にジェル?ジェルってぷるぷるしてそう・・・と思う人も少なくないようです。

ジェルネイルは、とろみのあるジェルを爪に乗せ、専用のUVライトを当て固める事で、爪をコーティングするものです。
マニキュアよりも長持ちし、色がクリアでつやもマニキュアに勝ります。さらに自爪との密着度も高いのではがれにくく、丈夫で長持ちするのも特徴です。現在国内多くのネイルサロンでジェルネイルが主流になっており、その種類も数多くあります。

従来主流だった『スカルプ』と『ジェルネイル』の違いは?

スカルプは空気や水を遮断するので爪トラブルも

ネイルサロンで従来の爪の主流と言えば『スカルプ』と呼ばれる、ネイル専用のアクリルパウダーとアクリルリキッドを混ぜたものを爪の先に足していき、爪を長くしていくものでした。
スカルプはスカルプチュアの略で、元は爪の長さを足す用法の事をいい、ジェルネイルでも使われる手法ですが、ネイル業界ではアクリルパウダーとリキッドを用いたアクリルネイルをさしていう事が一般的です。
スカルプは空気や水を遮断するので爪が浮いてしまったりカビが生えてしまったりなどの爪トラブルが多々ありました。
また必ずしも丈夫というわけではなかったようです。

スカルプに比べて、爪に優しくクオリティも高いジェルネイル

それに比べ、ジェルネイルは空気や水を通すので爪の負担をへらし、腐る事がありません。
また自爪との密着率が高いのではがれにくいのも特徴です。2~3週間毎に根元のメンテナンスをする事で大体2~3ヶ月持ちます。
この従来のスカルプに変わる、爪に優しく、クオリティの高い技法が出現した事により多くのサロンがジェルの技法を取り入れ、たちまち大人気・サロンの定番になりました。

ジェルネイルのデメリット

そんなジェルネイルにもデメリット(と感じる部分)はあります。
まず、ジェルを固めるときには専用のUVライトが必要で、最近は自宅で出来るものも多く発売されていますがほとんどの場合サロンに直接行って施術してもらう必要があります。

ライトに当てる際は、ジェルが左右どちらかに偏らないように手を真っ直ぐ入れる必要があります。
通常UVライトは指に何も痛みを感じませんが、人によっては多少違和感、痛みを感じる方もいるようです。ジェルも自分でそろえる必要があるので費用がかかります。

次に、ジェルをオフするときは、はたまたサロンへ出向く必要があります。自爪との接着性が高い分、オフするときに自分の爪もうっかり巻き込まれ爪が薄くなる可能性もあるからです。ここが手軽にオン・オフできるマニキュアとの大きな違いでしょう。

しかし総合的にみても落ちにくく、爪の健康も守る事でき、そしてなによりもきれい、このお得感が3つ詰まったジェルは試す価値大です。

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+
Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email