BLOG

美容専門学校の面接に行く時の髪型

美容専門学校へ入学をしようと思うと試験を受けなくてはいけません。多くの場合、筆記試験と面接があります。面接の時にどんな髪型で行けば良いのかと迷う人も多いはずです。

個性的な髪型?それとも黒髪?

美容師さんは職場でも自由な髪型が出来るイメージがあります。赤や金髪に染めていたり、奇抜なカットをしている人もいます。美容師さんになる為に美容専門学校へ通うので、個性的な髪型で行った方が良いのか、やはり勉強をする場なので黒髪で行った方が良いのか迷うところです。

美容師は人を綺麗にする事が仕事。自分で試すことも必要。

美容専門学校の合否の結果は髪型で決まる訳ではありませんが、美容師は自分が綺麗になる事が仕事な訳ではなく人を綺麗にする事が仕事なので、そこを勘違いしてはいけません。
美容専門学校はお客様を綺麗にしてあげる為の技術や知識を習得する為に通う場所です。その為には、最近の流行の色やヘアースタイルを敏感に察知する事も大切ですし、自分で試すことも必要です。

面接で重視される事のは見た目ではないけれど、清潔感は大切に

面接で重視される事は見た目ではなく、美容技術を習得したいという前向きな気持ちを持っている事です。

しかし、面接で自分の外見を見られる事も間違いありません。そこで注意をするのが清潔感です。

どんな服装やヘアースタイルをしていても清潔感の無い人は良い印象を与える事が出来ませんし、特に美容師として働く時にはお客様商売で実際に髪の毛を触ったり切ったりしますので、清潔感の無い人は不快感を与えてしまう事もあります。

面接の時の服装は?注意すべきポイント

面接の時の服装は基本的には自由ですが、いつもの普段着で行くのはやめましょう。学校の制服でも良いですし、スーツの様にきちんとした服装でも良いです。その際に服がシワシワだったり、汚れている様な事がない様に注意しましょう。また服を着崩していくのも辞めましょう。本当にお洒落な人とは場所をわきまえた服装が出来る人の事を指します。

清潔感がある人はきちんとした真面目な人というイメージがありますので印象もとても良いです。黒髪でもスタイリッシュでお洒落にアレンジする事で個性的な雰囲気を演出する事が出来ます。美容専門学校ではカットやパーマの他にも長い髪の毛をアレンジする方法も勉強しますので、自分でも色々とやってみると良い練習になります。

面接に行く時は服装からヘアースタイルまで全体のバランスを大切にしましょう。自分のコンセプトを大切にして統一感を持たせると良いです。その日だけ取り繕っても違和感がありますので、きちんと見える服装で自然体で望みましょう。

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+
Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email