BLOG

美容専門学校の面接に臨む際の化粧は?

美容師は接客業。面接では言葉使いや、表情、身だしなみに配慮できるかが大切に

美容専門学校に入学するにあたり面接をする場合、いったいどのようなことを面接官は知りたいのでしょうか。

そのためにはまず、美容師として就職する場合に求められる素養を身につけることができる人材であるかということが重要になります。
美容師としての素養とはいったいどのようなことなのでしょうか。

美容師という仕事は、お客様と一対一で接する、サービス業、接客業です。
お客様と一対一で密接に接する美容師であるからこそ、その言葉使いや、表情、身だしなみ等が厳しく求められる傾向があります。

ですから、これらに配慮ができる人材である必要があります。そこで美容専門学校でも、同様にそういた素養を身につけられる人材であるかという点が重要となりますので、面接官もそういった点を知りたいと考える傾向にあります。

面接でみられるポイント

言葉使い

そこでまず面接においてみられるのが言葉使いとなります。
丁寧語、謙譲語の使い分けや、なにより丁寧に受け答えするという姿勢が大切になります。

身だしなみ

そして次に、身だしなみも大切です。
美容師とはお客様を美しくする職業です。
自らを美しくする職業ではありませんので、お客様に心地よく思っていただけるような身だしなみが大切になります。

そこで、当然面接でも身だしなみをしっかりと整える必要があります。美容師国家試験でも身だしなみのチェックがあるように、身だしなみはとても大切な要素なのです。
爪や寝ぐせ等は必ず整えておきましょう。

表情

そして、表情も大切です。緊張するとどうしても、硬くなりがちですが、面接官の目をしっかりと見て受け答えすることが必要です。
実際に目をみつめるよりも、眉間をみるようにすると良いです。

望まれる化粧

また、その際の化粧も重要です。化粧は、学生らしいナチュラルメイクが望まれます。
美容師になるからといって、濃い化粧である必要はありません。
血色がよく見え、明るく見えるような化粧が望ましいです。

美容専門学校では美容師としての素養が問われる

このように、美容専門学校は、美容師を養成する学校であるため、美容学生になる学生にも美容師としての素養が問われます。

美容師としての素養とは、すぐに学校を辞めるような人ではなく、粘り強く忍耐できる人材であるという点や、今までに述べてきた顧客と相対する際の身だしなみや、言葉使い、マナー等に気を使える人か、また何より素直であるかといった点が問われるのです。

これらのことに配慮して取り組むことができれば美容専門学校に合格するためにやるべきことはできいると考えて差し支えないでしょう。

この記事をシェアする
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+
Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email